• ホーム
  • コラム
  • コラム
  • 旅の風景を再現したい!
  • 旅の風景を再現したい!

    これが庭業界に惹かれたきっかけです。
    しかし、もう20年以上海外旅行に行けていない。
    コロナで益々遠退いた感があります。

    20代の頃、アフリカ旅行から帰って暫くしてから
    この業界の仕事を探しました。

    旅の目的は、動物が好きなのは勿論ですが
    ヨーロッパの人々の様にサファリを経験してみたかった。(自分がアジア人という事は完全に忘れてましたね、、)
    それから「イエスタデイ・トゥデイ・トゥモロー」という謎の植物とジャカランダの花も見たいな、と。

    しかし、それ以上に良かったのは滞在中の宿を取り巻くロケーションやそこでの過ごし方。
    小さな別荘といえるコテージはただお茶を飲むだけでも、帰ってくるのが楽しくなる程の庭や敷地の造り込みがあったのです。

    他にもツリーハウスならぬツリーホテルも存在して、私は今、絵本の中にいるのか??と思う程。

    サファリは今でいうと、サバンナの近くでグランピングをしてジープで動物に会いに行く感じです。野良ネコがライオンに、馬がキリンに変わりました^ ^


    image2
    昔は今の様にインターネットが無く本や映画、TVなどから情報を得て、心惹かれる場所へ旅行をしていましたよね。
    その思い出を自宅に再現したいと願う事は皆さん多分あるかと思います。
    私の場合、旅行に行った時よりも帰ってきた時のカルチャーショックの方が大きかった。。

    今、住う人は外まわりへの意識が高くなっていますが四半世紀以上前は、まだここまで当たり前では無かった様に思います。
    その時、これは面白い仕事だと感じたガーデン&エクステリアの業界に携わりたいと思ったのです。
    幸いにも、今の会社で風景の一部を切り取った素材を扱う事もでき、再現のお手伝いにも関われている。

    さて
    今の私は、縁あって東京の下町暮らし。
    江戸時代の庶民のような、物凄くコンパクトな住まい。。庭は夢のまた夢ですが
    人様の素敵なお庭を沢山拝見でき、目の保養になっております。
    近くには上野公園もあり囲われていますが動物達もいます、野鳥や渡り鳥も。
    もし私が、江戸?明治時代にに生まれていたら海外旅行に行った気分にさせてくれる場所だったんだろうな?。

    今はネットで世界と繋がる事ができますが、擬似体験に過ぎないし、、香りや肌触り温度までは分からない。
    やはり五感で体感しなければ!
    平穏に戻ったら、行きたい所だらけになりそうです。
    旅欲求が爆発しただけの話になりましたが最後まで読んで頂きありがとうございます。


    株式会社 おしゃ楽
    竹内 淑恵 〜にわとわに〜研修委員長

    ・HP
     http://www.osharaku.com/
    ・Facebook
     https://www.facebook.com/profile.php?id=100010570024364